親しき仲にも礼儀あり!夫婦のトラブルを防ぐのは「ルール」を決めること!

親しき仲にも礼儀あり!夫婦のトラブルを防ぐのは「ルール」を決めること!

夫婦と言っても、元をただせば何の関係もない、赤の他人同士。生活のペースや習慣は、違っていて当たり前ですね。多くの場合、一緒に暮らしながら、その2人に合う生活スタイルを作っていくものですが、中には、我を通すばかりでトラブルが絶えない夫婦も。なれ合いになり、ちょっとした気遣いや遠慮がなくなってしまうせいもあるようです。「親しき仲にも礼儀あり」というように、夫婦といえども守るべきルールがあるのかもしれません。そこで今回、夫婦のトラブルを防ぐために決めているルールがあるか、既婚の男女にアンケート調査を実施してみました。

アンケート結果「夫婦間で決めているルールはありますか?」

Q 夫婦間で決めているルールはありますか? ※2017年ブライダルデー調べ

1位:尊敬・感謝し合う・・・22%

  • お互い尊敬し合い、感謝し合うことは大事です。(福井県・43歳男性)
  • 毎日一緒にいると、何かをしたり、されても当たり前になってしまう。けれども当たり前なんてものはないから、当たり前のようにいつも一緒にいて、自分のために何かをしてくれることにお互いが自然と感謝の気持ちを持っている。(愛知県・42歳女性)
  • ささいな事にも、ありがとうと言い合うようにする。(愛知県・43歳女性)
  • 尊敬の気持ちを忘れたら夫婦として終わりだと思うので。(栃木県・30歳女性)

1番多かったのは、「尊敬・感謝し合う」でした。何か行き違いがあっても、ベースに相手を尊重する態度があれば、そう大きな喧嘩にはならないというものです。中でも、「ありがとう」を言うようにしているとのコメントは大変多く、夫婦が気持ちよく暮らすためのキーワードといえそうです。「ありがとう」の前には「ささいなことでも」「決めているわけではないが」「ちょっとしたときに」などがついており、意識的な様子が伝わってきます。

2位:二人の時間を作る・・・19%

  • 結婚した時からの約束で、二人の時間を作るということを決めてあります。お互いを信頼し合っているからこそ、二人の時は楽しく過ごしています。(埼玉県・31歳男性)
  • お風呂は必ず毎日一緒に入ります。話しをする時間を強制的に作っています。(埼玉県・49女性)
  • どんなに忙しくても必ず夫婦二人で過ごす時間を作るようにしています。短い時間でも二人の時間が少しでもあれば安心した気持ちになります。(千葉県・37歳女性)

「二人の時間」が2位でした。仕事が忙しくても休みを合わせるとか、子供が寝た後一緒にテレビを見るとか、一日の終わりには二人の時間を作る、というものです。そこに、週末のお出かけや、旅行などを入れて会話の時間を作ることで、すれ違いなどが起きないようにしているというコメントです。

3位:借金はしない・・・16%

  • 隠れて何をしても良いが、金銭状況だけはオープンにするというルールを作った。過去に妻がパチンコにのめりこみ借金をしたことがあったから。(大阪府・42歳男性)
  • お金のことは夫婦であっても揉める元なので住宅ローン以外の借金はしないように約束している。(岐阜県・38歳女性)
  • 20代の頃に借金を代わりに返したことがあるから。(埼玉県・43歳女性)

結婚前から借金があった人や、隠れて借金していたことが後でばれた人などを中心に、ルール化の話し合いがされたようです。「金の切れ目は縁の切れ目」と、複数の人がコメントしており、大きなトラブルに発展する前の対策が必要とのことです。家計を同じにしている以上、最重要課題の一つひとつですね。

4位の「その他」には

  • お互いの友人関係や趣味には口出ししないようにしています。(埼玉県・48歳女性)
  • どれだけ喧嘩しても一緒の部屋で寝ること。結婚当初に妻が提案してきた。喧嘩しても一緒の部屋で寝ることにより夫婦間が疎遠になることはありませんでした。(宮城県・38歳男性)
  • 寝る時にどちらが早くお布団に入っていても、ハグしておやすみなさいをする。互いに仕事と家事と子どもの世話で忙しいので、大人同士のコミュニケーションが一番最初にカットされていきがち。寝る前のほんの少しでもくっつくようにすると、毎日の安心感がお互いに生まれて、家庭が円滑になる。夫婦仲が良いと子ども同士も仲が良くなり、いい影響しかない。(北海道・43歳女性)

という、具体的なルールがありました。

項目としてはさまざまに挙げられていますが、やはりすべての基本は、1位にあった「尊敬と感謝」に帰着しそうです。相手を尊重する気持ちがあれば、向き合って会話するための二人の時間は大切に思いますし、借金を作って困らせるようなことはしないでしょう。友人関係や趣味への「口出し」も、控えることになりますね。

毎日の「ありがとう」も、重要な潤滑油になりそうです。感謝の気持ちを伝え合うことで、尊敬の念も生まれるという、「良循環」です。トラブルを防ぐために、またすでにトラブルが起きていたとしても、一度立ち止まって「尊敬と感謝」を意識できれば、大ごとにはならないのでは、とアンケート結果が物語っているようです。

ふたりが一緒になろうと決めた日をお祝いする「ブライダルデー」。日本中の夫婦に、毎年素敵な記念日を過ごしてほしい。結婚記念日に新しい価値を感じてもらいたい。そんな願いを込めて、夫婦円満の秘訣や結婚記念日の過ごし方など、さまざまな情報をお届けしていきます。

夫婦のヒトコマ劇場夫婦のヒトコマ劇場