子供にだけ愛情を注ぐ嫁は嫌いだ!旦那目線で解説する、夫婦仲が崩れていく嫁の特徴

子供にだけ愛情を注ぐ嫁は嫌いだ!旦那目線で解説する、夫婦仲が崩れていく嫁の特徴

最近、夫婦の関係が冷えてきた、前みたいに笑い合えない、何か話すと喧嘩になる......そんなこと、ありませんか?かつては、一番分かり合えると思って結婚したはずなのに、今や何を考えているのか全く分からない、修復のきっかけがつかめず溝は深まるばかり、ということも少なくないようです。そんな時、夫たちはどう感じているのでしょうか。不満があれば言ってほしいけれど、聞くのはちょっと怖い気もするという妻のために、今回、既婚男性にアンケート調査を実施してみました。夫婦仲が悪くなった原因は、何だと思いますか?

アンケート結果「【既婚男性に質問です】夫婦の仲が悪くなった原因として考えられることはなんですか?」

Q 【既婚男性に質問です】夫婦の仲が悪くなった原因として考えられることはなんですか? ※2017年ブライダルデー調べ

子供にかかりきりの嫁。旦那とは喧嘩ばかり

1位:子供にだけ愛情を注いでいる・・・28%

  • 子供ができる前は愛されていると感じていたが、子供ができてからはあまり関心を持ってもらえていないように感じる。(和歌山県・30歳)
  • 子供がすべてのようになっていて、自分がいなくても平気そうに見えるから。(福岡県・41歳)
  • 子供に対して愛情を注ぐのは良いと思うが、自分を邪魔扱いしはじめた。だから、仲が悪くなったと思う。(埼玉県・35歳)

原因として一番多く挙げられたのは、妻が子供にかかりきりになった、ということでした。以前は愛されている実感があったのが、子供ができてからはすっかり変わったという不満です。構ってくれないどころか、必要なのは自分ではなくお金、自分はむしろ邪魔に思われている......という声も。「粗末に扱われる」「バカにされている」と、喧嘩の原因になる様子がさまざま書かれていました。

夜の営みは、夫婦の大切なコミュニケーション

2位:夜の営みがなくなった・・・18%

  • せっかくの休日なので夜の営みに妻を誘ってみても、家事や子供の面倒で疲れているし面倒くさいと言って、相手にしてくれなくなったことが原因だと思います。(埼玉県・36歳)
  • 結婚をしてから嫁が興味を示さなくなってきたことが現在の状況を作っています。嫁との相性がとてもよかっただけに、私としては非常に残念に思っています。本当はもっと嫁との関係を楽しみたいです。(香川県・38歳)
  • 男として見てくれないことや、子供の面倒など、色々理由はあるのかもしれませんが、夫ファーストには全くなってくれません。(愛知県・48歳)
  • 応じてもらえなくなると、愛しさもなくなっていきます。(福岡県・43歳)

子供ができたことをきっかけに夜の営みが減ることは、よくあるようです。家事や子育てで疲れているのも分かるから我慢するけれども、時には応じてほしいという切実な声が複数ありました。また、子供に関係なく結婚後、妻が積極的ではなくなったという悩みも。夫婦のコミュニケーションとして、もっと大切に考えてほしいようです。

あのかわいい嫁が、太って全くの別人に

3位:妻が太ってしまった・・・15%

  • 甘い物ばかり食べて、運動を全くしなくなった。若いころと比べると体が太って、見る影もない。(東京都・38歳)
  • 新婚だったころの妻は痩せていましたが、7年以上経ってみるみる内に太りました。妻に痩せてと言うたび、喧嘩になるので大変です。(埼玉県・31歳)
  • 結婚当初とは全くの別人になってしまいました。(奈良県・34歳)
  • 妻が太ってしまい、女性としての魅力を感じなくなりました。(兵庫県・38歳)

結婚後、どんどん太っていく妻を見て、少しずつ気持ちが離れていく夫たち。理由は2つあるようです。1つは、体型の変化で女性としての魅力が感じられなくなってきたというもの。もう1つは、運動やダイエットなどの「努力をしなくなったこと」が不満というものです。

旦那の方も見て!女の魅力を捨てないで!

4位以降には、妻の魅力が半減してきた、日常生活の行動が挙げられています。夫を「男として見なくなった」結果、「恥じらい」が消えたり、「美意識が低く」なったりしているのではないかと想像できます。

  • 子育てに追われて、風呂上がりも裸で出てきたまま子供を追い回したりしているのを見ていると、がっかりする。(北海道・33歳)

妻は家の中なので安心しているようですが、夫としてはあまり見たくない場面ですね。恋人時代ほどではなくても、そこに「男性」がいることを意識すれば、妻の行動も変わってくるのではないでしょうか。

  • 新婚当時は目の前でオナラなどしなかったのに、今はところ構わずオナラをするからです。(千葉県・49歳)

こちらも、かわいい妻を得た(と思っている)夫たちにとっては、衝撃のようです。少し場所を離れるとか、気づかれないようにする(!)という工夫が必要かもしれません。

家は、外でのストレスや疲れを癒し、くつろぐ場であるとともに、人との共同生活の場でもあります。そして夫は、かつて一番キレイな自分を見せたいと思った相手です。
アンケートからは、「子供ばかり見ている妻」「美を考えなくなった妻」にならないように少し意識を変えることで、夫婦喧嘩が減り、関係が改善されそうな様子が見えてきました。

ふたりが一緒になろうと決めた日をお祝いする「ブライダルデー」。日本中の夫婦に、毎年素敵な記念日を過ごしてほしい。結婚記念日に新しい価値を感じてもらいたい。そんな願いを込めて、夫婦円満の秘訣や結婚記念日の過ごし方など、さまざまな情報をお届けしていきます。

夫婦のヒトコマ劇場夫婦のヒトコマ劇場