ママとしてではなく一人の女性として。夫に知ってほしい、私が子育て中に一人の時間が欲しい理由

ママとしてではなく一人の女性として。夫に知ってほしい、私が子育て中に一人の時間が欲しい理由

わが子はもちろんかわいいけれど、部屋はすぐ汚れるし洗濯物は山になるし、やることがたくさんあり過ぎて、いつも追い立てられているような気になりますね。せめて睡眠時間くらいゆっくりとれれば良いですが、夜泣きや授乳、夫のいびきと、ほとんど眠れないまま朝を迎えることも。
そんな毎日を過ごしていると、少しで良いから自分の時間があれば、と叶わぬ夢を見たりもします。そこで今回、0~5歳児を子育て中のママたちに、今、一人になれるとしたら何がしたいか、アンケートで伺ってみました。

アンケート結果「忙しい子育て中、一人になれるとしたら何がしたいですか?」

※2016年ブライダルデー調べ

頭も身体も使わず、何もしたくない

1位:ただひたすらボーッとしたい・・・32%

  • たまには、ゆっくりしたいという気持ちで、何もしないでいい時間が欲しいです。(東京都・42歳)
  • 授乳中で睡眠不足が続いているので、体を休めたいから。(北海道・28歳)
  • 子育てをしていると、日々慌ただしく、ボーっとする時間も無いので、一人になれたら何もせずにボーっとしていたいです。(新潟県・41歳)

子育て奮闘中のママは、とにかくお疲れです。およそ3人に1人が、「何がしたいか」に「何もしたくない」と答えました。それだけいつも、家事や育児に追われているということですね。今度の結婚記念日は、何もしなくていい時間のプレゼントなど、企画してみると喜ばれるかも。

独身時代のように、遠くに出かけたい

2位:一人旅に出たい・・・18%

  • 1人で夜中まで過ごせる時間がないので、一泊でいいから家族と離れて遠くに行きたいから。(北海道・32歳)
  • 行き先はバンコク、金曜の晩に出て日曜の夜に帰ります。晩に出て早朝に到着したら人気の24時間フードコートに直行、おいしいもの食べてそのまま24時間スーパーで石鹸やら食品やらを爆買い、朝になったらホテルに行って荷物だけ預けてチェックイン時間まで買い物、チェックイン時間に荷物をおいて昼食に行きます。(兵庫県・33歳)
  • 独身の頃から旅行に行くことが好きだったので、もし一人になれたらまた旅行に行って素敵な景色を見て回ったり温泉などを思う存分堪能したい。(埼玉県・25歳)

「一人旅」と答えた人の中に、大変具体的なプランニングをしているものが複数あったのが特徴的でした。頭の中で想像(妄想?)することが得意な女性たち。兵庫県の33歳氏は、アンケートに答えながら、心はすでにバンコクに到着していたかもしれません。一人の女性である自分を再確認するためにも、旅は最適のようです。

すっかり離れてしまったけれど、また熱中できたら

3位:趣味に没頭したい・・・17%

  • ビーズアクセサリーを作るのが好きです。出産してから作る時間がなくなりました。育児も楽しいですが、たまには趣味に没頭できる時間が欲しいです。(広島県・32歳)
  • 一人で色々なことを考える時間がなく、大音量で音楽を聴きながら絵を描くのが好きなために時間を気にせず好きなことをしたいです。その他にも縫物やネイルなど一人でしかできないことでいっぱいに埋め尽くせる時間が欲しいです。子供がいると話しかけられたりして集中力が下がったりやりたくなくなったりすることもあるので独身の時のように何かに夢中になる時間が欲しいです。(千葉県・37歳)
  • 家で1人になることがまず無いので、録りためたドラマを一気に見たいです。ソファに座って目の前にお菓子や飲み物を並べ、何時間も動かずに過ごしてみたいです。(広島県・39歳)

第3位とはいえ、2位と僅差です。また、具体的にやりたいことがどんどん出てくるところも、一人旅のコメントに通じるものがありますね。日ごろ抑え込んでいる欲求が、このアンケートを機に流れ出てきたような回答でした。

人じゃなく、自分の世話がしたい

4位:ネイルや美容院、エステなどに行きたい・・・16%

  • 最も子供と一緒だと行きにくいので。普段もなかなか身だしなみにまで手がまわりにくいので、整うと気持ちも変わるので。(岡山県・32歳)
  • カットに行く余裕がないので、とりあえず伸びっぱなしになっている状態なので。時間的にも、体力的にも美容院まで追いつかない。(大阪府・38歳)
  • 産後から爪はボロボロ、髪はボサボサ、身体のケアなど全くしていないので全身ガサガサで老けこんだため。(東京都・33歳)
  • 自分にかける時間なんてないので一人になれるなら自分の世話をしたい。(愛媛県・26歳)

毎日の仕事に優先順位をつけていくと、どうしても自分のことは後回しにせざるを得ないママたち。「身なりを気にしている暇がない」「たまには自分に時間を使いたい」「女を捨てている感が日々増している」と、危機感を自覚している様子がうかがえました。

好きなエンタメでリフレッシュしたい

5位:映画やコンサートに行きたい・・・11%

  • 子ども連れでは行けない、激しいライブに行きたい。(福岡県・29歳)
  • コンサートには、子供が生まれてから一度も行っていないので、コンサートに行きたいです。(奈良県・33歳)
  • 結婚前のように好きなアーティストのライブやフェスに参加したいです。(群馬県・37歳)

映画館やコンサートホールなど、小さい子ども連れには向かない場所に出かけたいという声も複数ありました。今はガマン、と自分に言い聞かせて育児奮闘中のママたちが、目に浮かぶようです。

「ママだって休みたい......」これが本音!

一人の時間があればやってみたいことの順位は、見事に「内側の充実から外へ向かう」段階を追ったものでした。まず、何はともあれ、疲れた身体を休めること。そこで第1位の「何もしない」になります。体力が回復したら、今度は頭を休めるために「旅に出る」(第2位)。そして気力が戻ったところで第3位の「趣味に没頭」。その後、「ネイル」(第4位)など自身の外見を磨き女子力を上げ、「ライブにお出かけ」(第5位)と、だんだん独身時代の自分に近づいていくようです。その意味で「オシャレなレストラン」や「ウインドウショッピング」が少数回答だったのも、納得がいきますね。
今日は、家に帰ったら、妻に今したいことを聞いてみませんか?妻の疲労度が、分かるかもしれません。

何でもすぐに調べないと気がすまない、分析が得意な結婚7年目のWebディレクター。 男っぽくサバサバしていると言われる事が多いが、息子のおやつは手作りするのがモットー。 毎日のおやつのせいか、旦那が最近肥えてきているのが気になっている。

夫婦のヒトコマ劇場夫婦のヒトコマ劇場